創作忍者食レシピ

牛肉のけんちん丼

忍者のイメージは すばやい動きが出来る→ヘルシーな食材
パワーが必要→エネルギーになる食材 常に健康→栄養のバランス
短時間で食事が済む 伊賀上野の食材を使い 丼を作りました

調理人 千葉県船橋市 本田純代
ジャンル

牛肉のけんちん丼

材料(4人分)

材料名 分量
牛肩ロース薄切り 400g(4枚)
木綿豆腐 1.5丁(480g)
生しいたけ 2枚
きぬさや 20g
にんじん 40g
1個
A 砂糖 小2
  塩 少々
牛肉の下味  
 醤油 大3
 みりん 大3
B 醤油 大2
  みりん 大2
  水 大2
玉ねぎ 1個
茹でたきぬさや 40g(飾り)
小麦粉 少々
サラダ油 少々
きざみのり 少々
七味唐辛子 少々
ごはん 4人分

作り方

  1. 牛肩ロース薄切りに下味を約10分つける。
  2. 木綿豆腐を2cm厚さに切り、キッチンペーパーで包む。耐熱皿にのせ、ラップをしないで電子レンジで加熱し、水切りする。水切りしたら布巾に包み水分をしぼる。
  3. すり鉢に2の水切りした豆腐を入れ、なめらかになるまですりつぶす。
    溶き卵1個 A みじん切りしたにんじん 生しいたけを加える。きぬさや20gは、茹でて千切りする。
  4. 1の牛肉を広げ、3のけんちんときぬさやをのせ、巻く。巻き終わりに薄く小麦粉をふりとめる。
  5. フライパンにサラダ油を少々入れ熱し、4の牛肉のけんちん巻きを転がしながら焼く。中まで火が通るようこがさずに焼く。焼き終わったら一口大の斜め切りにする。
  6. 新しいフライパンにサラダ油を加え、1cm巾にスライスの玉ねぎをサッと炒め、5のけんちん巻きとBを加え、さっと煮て味付ける。
  7. どんぶり鉢に炊き立てのご飯を盛り、きざみのりをのせる。6の牛肉のけんちん巻き 玉ねぎ 残った煮汁をかける。茹でたきぬさやを彩りよく添える。

コメント Bのたれに好みで砂糖を少量加えたり、水の量を調整して、好みのたれにしてください。

このページの先頭へ