創作忍者食レシピ

からくり忍者弁当

忍伊賀流忍術の根本・・・気を見て虚を突け
の教えを忠実に受け継ぐ伝説のお弁当
薄焼き玉子をのせただけのお弁当ですが 実はからくりが

調理人 京都市上京区 入江桂子
ジャンル 伊賀米料理

からくり忍者弁当

材料(1人分)

材料名 分量
1個
だし汁 大1
にんじん 25g
さやいんげん 25g
豆腐 1/2丁
みりん 大1
地酒 大1
醤油 大1
伊賀牛ひき肉 80g
砂糖 大1
味噌 大1
地酒 大1
青じそ 3枚
焼きのり 適量
黒ごま 適量
小梅干 1個
漬物 適量(たくあんなら2切れ)
つぶあん(缶詰) 大1
もちろん手づくりでもOK(小豆 砂糖)
ごはん(伊賀米) お弁当箱の大きさに合わせて適量
白米でもいいですし、胚芽米にしますとさらに栄養UP
適量
適量

作り方

準備

  1. にんじんは千切りにして塩少々を加えた熱湯でサッと茹でる。
  2. さやいんげんは筋を取り斜め切りにして、塩少々を加えた熱湯で色よく茹でる。
  3. 豆腐は水気を切り、フライパンでほぐしながらから炒りする。火が通ってきたら、みりん 酒 醤油を加えて水気がなくなるまで炒る。
  4. ひき肉は薄く油をひいたフライパンで炒め、色が変わってきたら、砂糖 味噌 地酒を加え炒める。汁気が少し残る程度で火を止める。
  5. 青じそは千切りにしておく。
  6. 卵にだし汁を加えてときほぐし、薄く油をひいたフライパンで薄焼きたまごを作る。
  7. 小梅干の種を取り除く。

盛り付け

  1. お弁当箱の片方の端にあんこを置く。もう一方の端には漬物を置く。
  2. ごはんを広げてあんこと漬物をうまく隠し、焼きのり ごま 小梅干を飾る。
  3. 2を隠すようにごはんをのせ、真中にひき肉、両端に青じそを並べる。
  4. 3を隠すようにごはんをのせて広げ、にんじん 豆腐 いんげんをのせる。
  5. 一番上に薄焼き卵をのせて出来上がり。

器を変えれば丼にもなります

このページの先頭へ