創作忍者食レシピ

忍の皆伝 奉書巻

忍者が携帯した保存食をイメージして創作しました
日持ちのする酢飯に梅干 松の実 柚子の皮で風味と香りをつけ
伊賀牛は酒 味噌 醤油で旨みを引き出し 唐辛子で味をひきしめ
卵で包み まろやかさを表現しました
くま笹で包むことにより 殺菌力と防腐効果をつけました

調理人 兵庫県西宮市 新中裕枝
ジャンル 酢飯

忍の皆伝 奉書巻

材料

材料名 分量
牛肉ブロック 250〜300g
少々
サラダ油 大1
A 酒 50cc
  味噌 大1
  醤油 大1
  みりん 大1
  唐辛子 大1個
  粉山椒 少々
3個
B 砂糖 大1と1/2
  塩 1つまみ
  みりん 小1
酢飯 300g
C 柚子の皮 適量
  松の実 適量
  梅干 2個
桜の葉(塩漬けしたもの) 4枚
くま笹 6枚
い草 少々

作り方

  1. 牛肉に塩を振っておく。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、1をよく焼き、Aを加え、汁気がなくなるまでからませる。
  3. Bの調味料で薄焼き卵を2枚作る。
  4. 酢飯にCを加え混ぜる。柚子は皮をすりおろし、ペーパーで水気を軽く切る。
    梅干は種を取り刻む。松の実は炒ってすり鉢にあてておく。
  5. す巻に3を置き、削ぎ切りにした2をのせ、塩抜きした桜の葉を置き、4をのせて巻く。
  6. 笹に包み、い草で両端を結ぶ。(1日置き、味をなじませる)
このページの先頭へ