創作忍者食レシピ

くのいちの花嫁

くのいちの花嫁を連想して作りました
結婚記念日 家族の誕生日に作るあずきご飯からヒントを得て考えました

調理人 京都市上京区 青木智登子
ジャンル あずきご飯

くのいちの花嫁

材料(4人分)

伊賀牛薄切り 400g
青しその葉 10枚
伊賀米 1.5C
あずき 1/4C
少々
もみじ生麩 2本
片栗粉  
照り焼き用たれ  
 みりん 大6
 伊賀醤油 大6
添え  
 サラダ菜 れんこん(細) 1本

作り方

  1. あずきご飯を作る。米は洗って炊飯器に入れ、あずきのゆで汁に水を足して普通の水加減にし、塩少々 茹でたあずきを加えてひと混ぜし、スイッチを入れる。
  2. もみじ生麩は、すまし汁程度でさっと煮ておく。
  3. 牛薄切り肉の両面に薄く片栗粉をつけ、青じその葉を2枚乗せ、その上にあずきご飯を広げ、真中に2のもみじ生麩を芯にして巻く。巻き終わりに水どきメリケン粉をつけてとめる。
  4. フライパンにサラダ油少々を熱し、3を並べて入れる。牛肉に火がとおりまんべんなく焦げ目がつくように転がしながら焼く。照り焼き用のたれを加え、片栗粉の照りが出るまで煮からめる。
  5. 皿にサラダ菜 れんこんの甘酢漬けをしき、食べやすい大きさに切ったくのいちの花嫁巻きを盛る。
このページの先頭へ