創作忍者食レシピ

忍者トラの巻き

忍者食のイメージで作ってみました
いろいろな材料を取り入れているので栄養の
バランスもよく スタミナ食です
1本ずつセロハンに包み 歩きながらでも 食べられます
竹の皮に包むと 一層忍者食ぽくなります

調理人 大阪府箕面市 高橋弘明
ジャンル ライスクレープ

忍者トラの巻き

材料(8本分)

材料名 分量
伊賀米 1c
さといも(皮をむいた正味) 70g
にんじん 30g
生しいたけ 2枚
大豆(水煮) 1/4c
油揚げ 1/2枚
ごぼう 30g
A 薄口醤油 大1.5〜2
  伊賀酒 大2
昆布だし 1c
1と1/4c
昆布(10cm角) 1枚
伊賀肉(薄切り) 150g
玉ねぎ(中) 1/2個
土しょうが 10g
伊賀酒 50cc
みりん 50cc
醤油 大2〜
白ごま 大1
そばクレープトラ模様  
 そば粉 80g
 薄力粉 20g
 卵 2個
 焦がしバター 大2
 牛乳 200cc
 塩 砂糖 少々
 焼のり 1枚

作り方

  1. 米はよく洗ってざるに上げ、水気を切ります。
  2. さといもは1cm位のさいの目に切り、にんじんは皮をむいてあられ切り、しいたけは足を切り捨て、4〜5mm角切り、油揚げは両面を軽く焼き、2〜3mm角に細かく切ります。大豆は汁を切っておきます。
    ごぼうは皮をこそげ落し、小さ目のささがきにして水につけ、あくを取ります。ボールに材料を全部入れ、Aの調味料をふりかけ、よく混ぜ合わせ、下味をつけます。
  3. 炊飯器に1の米と分量の昆布だしを入れ、2の具を上にのせ、スイッチを入れて普通に炊き上げます。
  4. 牛肉は3cm巾に切り、玉ねぎは横に7〜8mmに切り、土しょうがは皮をむいて千切りにします。
  5. 鍋に酒 みりんを入れて煮立て、醤油を加えて4を入れ、アクをすくって時々混ぜながら4〜5分煮て味をつけます。
  6. 炊き上がったご飯をよくさばき、5を加えて混ぜ合わせ、煮汁も適量加えごまを振り入れます。
  7. クレープ種を作ります。ボールにそば粉 薄力粉をあわせてふるいいれ、中央をくぼませ、中に卵を 割り落し、泡立て器で周りの粉をくずしながらよく混ぜ、牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜ合わせ、 塩 砂糖 焦がしバターを加えてよく混ぜ、ラップして30分くらいねかせておきます。
  8. フライパン(テフロン加工のものがよい)を熱し、サラダ油(または溶かしバター)を少し塗り、海苔をちぎって所々におき、種をおま玉に軽く1杯ほど流し入れ、フライパンをまわしてフライパン全体に大きく広げて焼きます。少し(焼き色がついたら)裏に返してサッと焼きます。この量で8枚焼きますが、後でのりとして使いますので、大2位の種を残しておきます。
  9. 6の炊き込みごはんを8等分にして軽く握っておきます。
  10. 8のクレープを広げ、9を手前に棒状にしておき、クルクルと巻いて巻き終わりに残しておいたクレープ種を薄く塗ってとめます。
  11. フライパンを弱火で熱し、10の巻き終わりを下にして入れ、サッと焼いてとめます。表面に醤油をハケで一塗りして風味をつけます。
  12. 出来上がったら1本ずつセロハンに包み、両端をねじって仕上げます。

追記:昆布だしは分量の水に昆布を入れ、2〜3時間おいて、昆布の旨みを引き出します。この昆布を細切りにしていっしょに炊き込んでもよいでしょう。
クレープ種は、焼く前に濃度を見て濃いようなら牛乳で適当な固さにのばします。

このページの先頭へ