創作忍者食レシピ

おもてなし忍者饅頭

伊賀牛のペーストを作り じゃがいもで包んだおもてなしの一品です
ソースの隠し味に梅酒を使い ほんのりした甘味と香りが 伊賀牛ペーストの味をより引き出してくれます
見た目には何が入っているかわからない 忍者らしいおもてなしです
伊賀でこんな料理があったらいいなと思い 何度も試作を重ねて出来上がった一品です

調理人 静岡県沼津市 石田美智子
ジャンル 伊賀牛料理

おもてなし忍者饅頭

材料(4人分)

材料名 分量
伊賀牛 300g
玉ねぎ 1/2個
バター 大1
ローリエ 1枚
にんにく
しょうが
(みじん切り)
各小1
80ml
醤油 大2
   
バター 80g
コニャック 大1
   
じゃがいも(中) 4個
バター 10g
塩こしょう 各少々
卵白 1個分
コンソメ(固形) 1個
梅酒 50ml
醤油 小1
片栗粉 ワサビ 各少々

作り方

  1. 牛肉は包丁でたたいて細かくし、薄張りにした玉ねぎと一緒にバター(分量外)で炒め、酒とローリエを加え、醤油を加え、汁気がなくなるまで煮つめ、粗熱が取れたらローリエを取り除き、フードプロセッサーにかけ、コニャックとバターも加え、塩こしょうで味を整え、伊賀牛ペーストを作る。
  2. じゃがいもは皮をむいて2cm角にカットして水にさらし、水気を切って耐熱ボールに入れ、ふんわりラップしてレンジで竹串がスッーと通る位になるまでかけ、熱いうちにマッシュ状にしてバターと塩こしょうをする。
  3. 2が冷めたら卵白を加え混ぜ、ラップを広げ、マッシュポテトを丸くのばしておき、伊賀牛ペーストを大1強のせ、ラップをつかって丸く形を整える。
  4. 砕いたコンソメと250mlの湯を小鍋に入れ、沸騰したら梅酒を加え、醤油で味を整え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ソースを作る。
  5. 3をレンジで3分かけ、ラップをはずし皿に盛り、4のソースをかけ、おろしたワサビを天盛りにして出来上がり。
このページの先頭へ