芭蕉翁生家

芭蕉が幼少の頃を過ごした生家
奥庭に処女句集「貝おほひ」を執筆した釣月軒が

1644年(正保元年)に生まれた松尾芭蕉が、29歳まで過ごした生家。

奥庭の離れは、処女句集「貝おほひ」を執筆した釣月軒で、帰郷の際にはここで過ごしたといわれています。

平成30年4月1日から芭蕉翁生家が施設調査および耐震等工事の実施のため下記のとおり休館となります。

芭蕉翁めぐり3施設割引共通券の販売は平成30年3月30日までとなります。

休館期間 平成30年4月1日から平成32年3月31日まで(予定)

infomation

名称
芭蕉翁生家
住所
三重県伊賀市上野赤坂町304
お問い合わせ先
TEL:0595-24-2711
ホームページ
www.basho-bp.jp

カテゴリー伊賀市中心市街地芭蕉

このページの先頭へ