鸕宮神社

奈良の二月堂での修二会の行法に全国13,700余りの神々を集められた時、釣りをしており遅刻した若狭国の遠敷明神が後悔され、実忠和尚の夢枕に立って、若狭の清水を毎年修二会行法中に、観世音に献上すると約束されたところ、二月堂参道下の岩石がさけ、白黒の2羽の鵜(う)がさけ目から飛び立ち、清水がこんこんと湧き出したという。

このことから修二会の行法が「お水取り」の名で有名になり、実忠和尚が感銘して遠敷明神を良弁杉の下に祀り鵜にちなんで「うの宮神社」と称した

infomation

会員名
鸕宮神社
住所
〒519-1711 伊賀市島ヶ原4689
TEL
0595-59-2065

カテゴリー島ヶ原観光振興会

このページの先頭へ